サプライズを演出できるハイヤーの旅

ハイヤーといえば大企業のエグゼクティブクラスが通勤や視察、その他の移動などで活用するイメージが強い乗り物となっています。実際に駅のターミナルや公道沿いで手を挙げれば誰でも乗ることができる距離制のタクシーなどとは違って、漆黒の気品ある外観や革張りシートなどのラグジュアリーを優先した内装といった、特徴的な要素が多くなっています。

ハイヤーはあらかじめ個別に予約しておくのが基本となっています。予約した人以外を乗せることはありませんし、乗務員の身元や配車される車両などもはっきりとしています。セキュリティーを重視する場合や、移動にあたってもプライベートな空間を確保したい場合などにもぴったりといえます。このように一般にはあまりなじみがないことも多いハイヤーですが、逆に何らかの記念としてサプライズ的に依頼をしてみるといった方法もあります。

たとえば海外からわざわざ日本に駆けつけてきたゲストのために最大限のおもてなしをしたい場合におもてなしの一つとして利用します。あるいは銀婚式や金婚式にあわせて、他の家族がハイヤーを使った旅行をプレゼンドする場合などが挙げられます。従来のようにビジネス上のゲストの送迎などといったありきたりな用途だけではなく、最近はバラエティに富んだ依頼も実際に増えてきているといいます。

ハイヤーでどのような場所を巡るかといった日程は自由に作成することができますので、完全貸し切り状態での移動には丁度良い手段です。ドアツードアで出発地から目的地までを無駄なく移動でき、面倒な徒歩移動や電車の乗り換えなども必要がなくなるところもメリットです。せっかくのハイグレードな車両という特色を生かして、車内にウェルカムドリンクを用意して移動中もリラックスしながら車窓の風景を楽しんでもらうといった演出もできます。

これはマイカーのような一般的な車両を使っていてはなかなかできないぜいたくですので、その意味でもサプライズイベントのしがいがあるといえるでしょう。ハイヤーでさらに特筆しておきたいのは乗務員の資質についてです。単に運転の技術がすぐれたドライバーというだけではなく、外国語が堪能であったり、観光スポットの地理や歴史に明るいといった、さまざまな特技を持っています。そのため海外からのゲストを迎えるにあたっても外国語のままで意思疎通ができますので、他の手段とは一味違ったおもてなしをすることができます。