貸し切り自動車である「ハイヤー」の利用シーン

旅客自動車、と言ったらどのような自動車を思い浮かべるでしょうか。バスやタクシーを思い浮かべる人がほとんどではなでしょうか。ハイヤーも旅客自動車の一種ですが、一般の人からすると、高級車で偉い方が乗る自動車というイメージがあって、馴染みがないかと思います。ハイヤー、hireとは元々は貸し切りという意味で、自動車を時間ないし一日単位で貸し切って利用する旅客自動車であり、特に偉い方をお乗せする車という意味ではありません。

利用シーンが会社の役員やVIPの送迎が主なものになっている現状があるため、一般的にそのようなイメージになったのでしょう。一般の方でもハイヤーを利用するシーンがあります。それは旅行先での移動のシーンです。新婚旅行で特別な体験をしたい時に、高級車で移動するという場合もありますし、大勢であちこち移動する場合には、その都度電車やタクシーを乗り継ぐよりも安くあがる場合もあります。大勢での旅行の場合には、国産高級車などに代表されるセダンタイプではなく、ミニバンやワンボックスカータイプのハイヤーも利用できます。

ある観光先から次の観光先まで、どの経路で行くか、どの電車で行けばいいか、どのくらいの時間がかかるか慣れてない方には調べるのにとても時間がかかります。ハイヤーを頼めば運転手さんが目的地までの最適経路・所要時間を調べてくれ、その観光地にどのくらいの時間滞在できるかを教えてくれます。路線バスは運行時間があり、乗りたいときにバスが来なかったりして待ちぼうけをくらいますが、ハイヤーは観光している間、ずっと待っていてくれるので無駄な待ち時間がなくなります。荷物も車に載せたままでOKですので、手ぶらで観光することができます。

さらに観光地のプランナーもしてくれるハイヤーがあれば良いとは思いませんか。ガイドブックに乗っている場所へ行ってみたけど、大して面白くなかった、人が多すぎてちゃんと見ることができなかったなど、不満がいろいろ出てくるものかと思います。事前にプランナーと自分の行きたい観光地と様々な希望、例えば人混みを避けたい、あれが食べたいなどという要望、滞在できる時間をお知らせしておけば、最適な旅行プランを作成してくれます。同じプランナーが実際の運転業務もしてくれれば、しっかり希望が伝わっているという安心感もあります。当日の行き先変更も柔軟に対応してくれますし、こちらから伝えるのも楽でしょう。