海外からのゲストのもてなしとハイヤーの活用

最近は外国人観光客のインバウンド需要で、日本全国の観光地が盛り上がりをみせています。ビジネスや観光といった目的に違いはさておくとして、外国からのゲストを迎える機会が多くなっていることは確かといえるでしょう。もしも会社勤めであれば、企業活動のグローバル化にともなって、海外企業の役員を日本に招いて見学や接待をすることもあり得るはずですが、このときに考えなければならないのが移動手段の確保です。海外のゲストとなれば日本人のサラリーマンのように座席も取り外されているような満員電車に乗せて移動させるわけにもいきませんし、乗り換えや発車時間待ちなどの手間をかけないことも、効率的に目的地を回るためには必要となってきます。

その手段としてはタクシーを手配することもひとつには考えられますが、もしも終日にわたって移動をともなうような日程が組まれているのであれば、距離または時間に応じてそのつど料金を支払うタクシーなどよりも、むしろ最初からハイヤーを予約しておいたほうがメリットは大きいといえるでしょう。ハイヤーはタクシーとは違って、あくまでも予約した当日の車両とドライバーの双方は専属の扱いになりますので、時間や行動の自由度がそれだけ大きくなり、フレキシブルな対応が可能です。しかもグレードの高い車種が用意されていますので、ゲストにとっても快適で疲れなしに移動を楽しんでもらうことができますし、相手への礼儀という意味でも適切といえます。

特に純粋なビジネスとしてだけではなく、海外からのゲストに対する観光名所の案内などの何らかの接待をともなう場合には、ハイヤーの強みが遺憾なく発揮されます。ハイヤーのドライバーは運転技術が高いベテランであることは間違いがありませんが、それ以上に細やかな気配りやもてなしのプロフェッショナルといった側面があります。たとえば英会話なども理解していて海外のゲストと直接的なやり取りができたり、東京都内などの主要な観光名所やカフェ・レストランなどの情報にもくわしく、英語での案内ができるといった、一般的なドライバーにはみられない特技を持っていることが多くのも特徴です。

要するにハイヤーは単に移動するだけの手段としてとらえていては、ポテンシャルを生かし切れないもったいない使い方になってしまいますので、予約や相談の際にもこちら側の希望・ニーズを伝えておき、適切な対応をしてもらえるようにすることも重要といえます。